風俗のお仕事コラム

自傷行為のあとがあっても風俗で働けるの?

風俗で働きたいと思っていても、様々な理由で働くのを躊躇してしまうことは誰にでもあることです。体型が整っていない、ルックスに不安があるなどその理由は人によっても様々です。悩んでいる方の中には、自傷行為のあとが気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。それでは、自傷行為があれば風俗で働くことはできないのでしょうか?

自傷行為のあとがあっても働ける!

結論から言いますと、自傷行為があったとしても、風俗で働くことは可能です。デリヘルやホテヘル、ソープなど様々な風俗店がありますが、基本的に自傷行為が理由で面接を落とされてしまうことはありません。ただし、タトゥーなどと同じように面接の際には、面接官に自傷行為のあとがあることは言っておいた方がよいでしょう。自傷行為のあとが理由で面接を落とされてしまうことはありませんが、体型やルックスで落とされてしまうことはありえます。また、体型やルックス次第では格安店を紹介されてしまうこともあります。しっかりと体型やルックスは維持するようにしましょう。

自傷行為のあとがあると稼ぎにくい?

実際に働き始めたとして、自傷行為のあとがある人とない人ではどちらが稼ぎやすいかと言いますと、現実的には自傷行為のあとがない方が稼ぎやすいです。自傷行為のあとは男性から見ると「メンヘラ」や「精神的に不安定」なイメージがあり、あまりよい印象はありません。しかし、決して稼ぐことができないという訳ではありません。自傷行為のあとには、様々な対処法があります。

自傷行為のあとがあっても風俗で稼ぐ方法

自傷行為のあとがあったとしても、風俗で稼ぐ方法は様々あります。

自傷行為のあとを隠す

シンプルな方法なのが、自傷行為のあとを隠すということです。自傷行為のあとは手首についていることが多いですが、手首に巻くことができるファッション用品を身につけることで、ある程度隠すことができます。ただし、風俗店はシャワーが必須ですので、そのあたりを工夫しなければなりません。

トークの話題にする

自傷行為のあとをお客様が見るだけだと、メンヘラのイメージを持たれてしまいます。逆に自分から自傷行為のあとをトークの話題にし「あの時は彼氏と別れて病んでいた」というように話題にすることで、悪いイメージを払拭することができます。今は自傷行為をしていないことをアピールすることで、指名を得やすくなります。

如何でしたでしょうか?自傷行為のあとが残っていても、引け目を感じることはありません。
対応次第でお客様の指名は獲得できます。
それも含めて今の自分なんだと認めて、プラスに考え行動するだけでお客様の印象はいい意味で違って見えるはず。
このコラムではそんな女性のひとつのきっかけになればと思い記事にしました。

GOODJOB風俗求人センターは、大阪を中心に関西全域、四国や静岡、長野、北海道にも多数の風俗店を全国展開中!
経験者の方も未経験者の方も安心してお仕事をして、しっかり稼いでいただけるよう女性の希望に沿ったお店をご紹介させていただきます。
ルックスやスタイルに自信のない方ももちろん大歓迎!当グループではあなたに合ったお店をご紹介いたします。
気になることもたくさんあると思います。まずはお気軽にご相談ください!詳しくは下記をクリック!
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ