風俗のお仕事コラム

激安店って客層悪そうだけど実際どうなの?

風俗店は趣向以外にも、価格帯によって大まかに3つに分類されます。

価格帯が高い高級店、標準的な価格の大衆店、価格が安い激安店です。

スーパーなどにも価格帯によって違いがありますが、お客様の層に若干の違いがあります。

風俗の激安店のイメージは、客層が悪いのではないかと想像する方も多いのではないでしょうか?

それでは、激安店にはどのようなお客様が来るのか、他の価格帯とも比較してご説明します。

激安店の利用者は若い
風俗でたまにいる!困ったお客様への対処方法!

激安店ということは、その名の通り低価格で利用することができるということです。

したがって、比較的若い男性が利用する傾向にあります。

若い男性はご年配の方よりも収入が少ないので、どうしても激安店を利用してしまいがちです。

フリーターで働いている20代、大学を卒業して入社したての新卒などは、
収入が20万を切ってしまうことも十分ありますので、激安店を利用する傾向にあります。

若い男性ですので、ご年配の男性よりも体力があります。

したがって、2連射を希望するガツガツと攻められることも考えられるので、
体力には十分に注意しましょう。

収入が低い中年層も多い
性風俗店、キャバクラ、AVの「路上スカウト行為」、法的にアウトな理由

非正規で働いている中年層も、若年層と同じく収入が少ないので、
激安店を利用する傾向にあります。

家に呼んでも狭い、清潔感に欠けるお客様がいるのも事実で、
この点が気になってしまう女性もいるかもしれません。

大衆店の客層は平均的

大衆店と言っても、激安店とは5,000円ほどの料金しか変わりませんので、
そこまで大きな客層の変化はありません。

しかし、平均的な料金ではありますので、激安店と高級店の客層の平均が訪れる傾向があります。

したがって、激安店に来店しやすい客層は若干少ないです。

高級店の客層は?
悪質!路上スカウトマンを避ける方法ってある?

価格帯が高い高級店ですが、収入が多いご年配層が圧倒的に多いです。

したがって、ご年配の男性が苦手な人にとっては、かなりストレスが溜まってしまうでしょう。

また、高級店の特徴としては、お客様にクセがある人が多いことが挙げられます。

「高いお金を払っている」という感覚が強く、当然のように本番を迫り、
特殊なプレイを求められることも少なくありません。

このようなことでストレスになってしまうこともあります。

激安店の客層は必ずしも悪いわけではない

高級店の客層がよいというわけではなく、考え方によって客層が悪いのは様々です。

ただし、客層の特徴は違いますので、自身の考えを元に働く風俗店を決めましょう。

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ