風俗のお仕事コラム

シングルマザーでも月100万稼げます。その方法とは?

シングルマザーの立場になると、仕事に制約が出てしまうことが多々あります。
子供を最優先に生活を送らなければなりません。

しかし、シングルマザーの皆さんが一番気になる部分は生活費だと思います。
まずは統計データからみるシングルマザーの収入平均など
下記にまとめてみましたので参考にして下さい。

シングルマザーの平均年収

シングルマザーで収入面で豊かな生活を送っている方はほんの僅かでしょう。
厚労省の調査では、母子家庭になった方の平均年齢が約33才、お子さんの年齢が平均4才。
まだ、小学校に入る前の未就学児童がほとんど。

母子家庭の平均年収が約180万円と言われ、月あたり約15万円の収入となります。

実際にモデルケースとして収入と支出を表にしてみたので参考にしてみて下さい。

母子家庭 子供が1人の場合

15万円の収入ではかなり苦しい生活を強いられるのがほとんどです。
これら基本収入に母子家庭支援制度を利用しても約220万ほどにしかならないのが現状です。

保育園や託児所ではお子さんが熱をだしたり病気にかかると急に仕事を休まなければならないため、
中には、時間や融通がききやすいパート・アルバイトで収入を得ている母子家庭の方も多いのが現状です。

母子家庭支援制度とは

支援制度には大きくわけて2つあり、国の支援制度と地方自治体の支援制度があります。
年収により受給できる金額が決められており、母子家庭で条件を満たせば誰でも受けられる支援制度です。

国の支援制度

■児童手当

児童手当とは、母子(父子)家庭の子供を対象として支給される助成金ではなく、全ての家庭を対象とした支援策です。

支給対象者

0歳〜15歳の国内に住所がある子供。15歳は中学校卒業の年度末までを意味します。

・支給される金額

0歳〜3歳未満:一律15,000円

3歳〜12歳(小学校卒業)
第一子/二子:10,000円 第三子以降:15,000円

中学生:一律10,000円

■児童扶養手当

母子家庭及び父子家庭になった原因は離婚でも死別でも、支給されます。

・支給対象者

母子家庭及び父子家庭の、0歳〜18歳に到達して最初の3月31日までの間の年齢の子供が対象です。

■支給される金額

児童手当と同様に扶養人数や所得によって、支給金額が異なるので注意が必要です。
支給区分は「全額支給」「一部支給」「不支給」の3区分に分かれています。

・全額支給
子供が1人のケース 月額42,000円
子供が2人のケース 月額47,000円
子供が3人目以降のケース:1人増えるごとに月額3,000円が加算されます。

・一部支給
扶養者の所得などにより全額支給されないケースでは、以下のような計算式が用いられ、金額に幅が生まれます。
一部支給の手当月額計算式:41,990円ー(申請者の所得ー全額支給所得制限限度額)×0.0185434
※10円未満は四捨五入されます。

子供が1人のケース 月額41,910〜9,910円
子供が2人のケース 月額46,910〜14,910円
子供が3人目以降のケース:1人増えるごとに月額3,000円が加算されます。

※一部支給の計算例
例1
母親の所得が150万円で他に扶養者がおらず、子供が1人のケースでは、「16,890円」削減されます。
計算式:41,990円ー(母の所得額1,500,000円ー所得制限限度額570,000円)× 0.01815434
支給金額は25,100円となります。

地方自治体の支援制度


■児童手当

・母子家庭住宅手当

母子家庭の住宅手当とは、母子(父子)家庭で20歳未満の子供を養育しているケースで、
家族で居住するための住宅を借りて、月額10,000円を越える家賃を払っている人を対象としている制度です。
この制度は市区町村独自の制度であるため、制度を持っていない市区町村もあるので、
あなたの居住地の市区町村では適応されるのかどうか調べる必要があります。

・支給対象者

支給条件は市区町村によって異なりますが、主に以下のようなものです。

母子(父子)家庭で20歳未満の子供を養育している。

民間アパートに居住し、申請先の住所地に住民票がある

申請先の住所地に6ヶ月以上住んでいる

扶養義務者の前年度の所得が、児童扶養手当の所得制限限度額に満たない

生活保護を受けていない

■医療費助成制度

母子(父子)家庭を対象に、世帯の保護者や子供が病院や診療所で診察を受けた際の
健康保険自己負担分を居住する市区町村が助成する制度です。
助成内容は市区町村によって異なるので、居住地の制度を確認しましょう。

・支給対象者

母子(父子)家庭で、0歳〜18歳に到達して最初の3月31日までの間の年齢の子供が対象です。

これら各支援制度を利用しても、平均年間収入は約220が平均とされ、なかなか厳しい生活を強いられている方は多いのではないでしょうか。

次に、子供の時間に併せて、母子家庭でも高収入を得る方法をご説明します。

母子家庭で高収入を稼ぐ方法

風俗の入店祝い金って本当に貰えるの?それとも単なるツリなの?

それはズバリ風俗です。
未経験の方はこの時点で抵抗があるかもしれませんが、実際パートを週1・2回でのWワークで
稼がれている方や、週2・3回のシフトのみで後は子供との時間をしっかりつくり高収入を得ている母子家庭の方も非常に多いです。

まずは風俗で働くメリットをご説明します。

時間の融通がかなり効く

シングルマザーで一番困るのが、子供に合わせた生活を送る必要があるということです。何よりも子供が大切なので、子供の予定に合わせた行動が必要です。風俗の仕事は、自由にシフトを組むことができるので、子供に合わせた生活を送ることが可能です。

託児所完備

事前に確認する必要がありますが、風俗店の中には、託児所と提携しているあるいは完備されている店舗があります。風俗の仕事は自由にシフトを組むことができると言っても、その時間子供の面倒を見てくれる人がいるとは限りません。特に幼稚園以下の年齢だと、1人で自宅に居させるのは非常に不安になってしまうものです。

託児所が完備されている風俗店なら、子供の心配をすることなく仕事に集中することができます。求人情報に記載されていないこともあり得ますので、応募する際に必ず確認するようにしましょう。

シングルマザーでも稼ぐことができるのか?

現実的な問題として、シングルマザーでも稼ぐことができるのでしょうか?結論から言えば、十分稼ぐことができます。

シングルマザーで最も懸案な子供の世話ですが、託児所を利用できる風俗店が多いので、
時間的制約もなくシフトを組むことができます。学生だと、学校に行く必要がありますので、
なかなかシフトに入ることができずに稼ぐことができないことも多々あります。

その点シングルマザーは風俗を本業にすることが可能なので、子供の心配がなければガッツリとシフトに入ることができます。

シングルマザーは風俗で100万円稼ぐことはできるのか?

いよいよ本題ですが、現実的な数字で計算してみましょう。
仮に託児所に子供預けてしっかりとシフトに入ることができたとします。

1日8時間で6万円稼ぐことができれば、週に5日の勤務で30万円稼ぐことができます。
単純計算として120万円ですので、十分100万円稼ぐことは可能です。

もちろんこれは単純計算なので、オプションや指名料は含まれていません。

さらに稼ぐことができる可能性を秘めているのが風俗の仕事です。

しかし、風俗未経験であれば不安はいっぱいです。
知らない人からすると業界のイメージはまだまだ良くないかもしれませんが
そのへんも改善され、今は良くなっています。

下記コラムも参考にして下さいね。

風俗で働こうか悩んでいる女性へ。

風俗で働こうかと悩んでいる女性へ。風俗で働くことで気になることまとめ

 

GOODJOB風俗求人センターでは、お子様がいらっしゃる方(シングルマザー)や20代~50代の女性も大募集中です!
若くないから・・・。なんてお気になさらずに!実際に人妻の人、既婚の人、シングルマザーの方なども多く働いており、活躍している女性がたくさんいます。
気になることもたくさんあると思います。まずはお気軽にご相談ください!詳しくは下記をクリック!
20~50代女性が稼げるお店はこちら!女性募集中です!
30代、40代、人妻、既婚者、シングルマザーの方はこちら
お子様がいらっしゃる方はこちらをご覧ください

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ