風俗のお仕事コラム

風俗店同士の掛け持ちをする場合のメリット・デメリット

風俗店同士の掛け持ちをする場合のメリット・デメリット

風俗で働く際には、掛け持ちをするという選択肢があります。以前までは掛け持ちを禁止していた風俗店も多いのですが、現在では多くの風俗店で掛け持ちが許可されています。

一般的なアルバイトでも掛け持ちをすることがあるかと思いますが、今回は風俗店同士の掛け持ちをする場合についてメリット・デメリットに分けてご説明します。

風俗の掛け持ちのメリット

気分転換することができる

風俗以外の仕事であっても、同じ職場で働き続けるとやっぱりマンネリを感じてしまいますよね。マンネリ状態が続くと、仕事に対してのモチベーションが低下し、仕事に集中しにくくなってしまいます。

この状態を打破するためには、気分転換することが非常に大切です。
掛け持ちで働くことによって、働く風俗店を複数持つことができるようになり、マンネリするリスクを抑えることができます。掛け持ちは2店舗だけとは限らないので、3店舗、4店舗と掛け持ちすると、よりマンネリを防ぎやすくなります。

収入がストップするリスクを軽減できる

風俗店で働いていると、働いている風俗店が閉店してしまう可能性もあります。グループ店なら系列店に異動することも可能ですが、そのお店だけだと大事な収入源を失ってしまうことになります。

掛け持ちすることによって、片方の店舗が閉店してしまったとしても、もう片方のお店があるので収入がなくなってしまうということがありません。急に指名が入らなくなってしまった時も、掛け持ちで他風俗店で働いておけばリスクが減ります。

出勤日数が偏らない

1つだけの店舗で働くと、稼ぎたい時はどうしても出勤が続くようになってしまいます。お客様は風俗慣れしていない女の子を求める傾向が強く、1週間に6日も入るような鬼出勤の女の子だと敬遠する可能性があります。

掛け持ちをすることによって、バランスよくお店に出勤することができます。

風俗の掛け持ちのデメリット

スタッフからよく思われない

風俗店のスタッフからすれば、できる限り自分のお店で働いて欲しいと思うものです。掛け持ちをすることによって、自分のお店が疎かにされていると思われるので、スタッフからの印象はよくありません。

スタッフからよく思われている方が何かと得なので、できれば掛け持ちしていることは内緒にしましょう。

名前の管理が大変

風俗店で働く時は、本名ではなくキャバクラのように源氏名で働きます。掛け持ちすると源氏名も複数持つことになりますので、忘れているとお客様の前で違う店舗の源氏名を喋ってしまう可能性があります。働く時には、しっかりと自分の源氏名を思い出すようにしましょう。

 

 

GOODJOB風俗求人センターは、大阪を中心に関西全域、四国や静岡にも多数の風俗店を全国展開中!
経験者の方も未経験者の方も安心してお仕事をして、しっかり稼いでいただけるよう女性の希望に沿ったお店をご紹介させていただきます。
ルックスやスタイルに自信のない方ももちろん大歓迎!当グループではあなたに合ったお店をご紹介いたします。
気になることもたくさんあると思います。まずはお気軽にご相談ください!詳しくは下記をクリック!
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ