風俗のお仕事コラム

風俗で働くと決めたら!性感染症について知っておきたい基礎知識

風俗で働くと決めたら!性感染症について知っておきたい基礎知識

風俗はお客様と触れ合うお仕事です。なので、どうしても性感染症になってしまうことが考えられます。通常の生活でも、インフルエンザなどウイルスに冒されてしまうことがあります。

風俗で働きたいと思っている人の中には、この性感染症が心配の方も多いのではないでしょうか。今回は、風俗嬢と性感染症の関係についてご説明します。

性感染症って何?

一言で性感染症と言っても、様々な種類があります。現在では、Sexually Transmitted Diseasesを略してSTDと呼ばれることも増えました。

クラミジア、淋病、梅毒、カンジタ、ヘルペスなどが性感染症です。HIVも、この性感染症に含まれます。

風俗嬢が性感染症になってしまう原因

風俗嬢の場合、デリヘルやホテヘルではフェラや素股が基本プレイに含まれています。インフルエンザなどは空気感染しますが、性感染症は空気感染や飛沫感染することはありませんので、触れ合わない限り感染することはありません。

風俗嬢の場合は、フェラや素股など粘膜が触れ合うことが原因で感染してしまうことがほとんどです。

性感染症の予防策

性感染症の予防策ですが、フェラで予防することは難しいので、素股で予防するようにしましょう。意外と素股で感染することが多いので、コンドームを付けてもらい素股することで性感染症を予防することができます。

風俗嬢に多い性感染症

風俗嬢はフェラをすることが多いので、喉頭クラミジアに感染してしまうことが多いです。通常のクラミジアは性器ですが、喉頭クラミジアはその名の通り喉に感染します。

通常のクラミジアも、素股によって感染することがあります。クラミジアは自覚症状が薄いという特徴がありますので、感染していたとしても、感染に気が付かないことも多々あります。

性感染症になったときの対処

しっかりと予防をしていても、風俗嬢のお仕事は性感染症になってしまうことがあります。しかし、恐れることはなく大半の性感染症は、病院に行って治療することができます。少しでも自覚症状が出たときは、迷わず泌尿器科に行くようにしましょう。

自覚症状がなかったとしても、風俗嬢として仕事を続けている以上は、定期的に検査をすることが大事です。特に女性は自覚症状が薄い傾向がありますので、定期的な検査がとても重要です。

性感染症は、放置しても何も良いことはありません。自分だけで治療しようと試みても、失敗してしまうことが多いです。医師の指示通りの治療を行えば、クラミジアなどはひと月もかからず完治することができます。

 

GOODJOB風俗求人センターは、衛生管理を徹底しています!
女の子が安心してお仕事ができるように、 性感染症安全対策協会と提携して月に一度の衛生検査を実施しております。
常に女の子に安心してお仕事をしていただきたいと考えています。
もし、性病がハッキリした際には、お店に伝えてお休みを取っていただいてOKです。 早めに対処すれば短期間で治りますので手遅れになる前の検査、早めの治療が一番です。
心配なことがあれば、お店の店長や、話しやすいスタッフに相談して悩みを解決してもらいましょう。
貴女だけが抱え込んでしまう問題にせず、そういうトラブルに慣れたスタッフに話を聞いてもらいましょう。
当グループの性病対策について

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ