風俗のお仕事コラム

出稼ぎ風俗はまるでリゾートバイト!しかも稼ぎやすく身バレしない!

出稼ぎ風俗はまるでリゾートバイト!しかも稼ぎやすく身バレしない!

出稼ぎとは、自分の地元ではない各地域にある風俗店へ期間限定で働きに出ることです。
平均的な期間は2週間程度で交通費も支給されるので、旅行気分で気軽に行けることから、風俗業界で人気の稼ぎ方の一つです。

また、地元では身バレしないか不安ですが、他府県であればバレる可能性は低いので人気の理由の一つでもあると思います。

しかし、出稼ぎに行ったところで暇であれば意味がありません。いくら保証があるからと言ってもお客様がついていなければちゃんと保証がもらえるか不安になるし、お店からしてもマイナスでしかありません。

地方によって様々かもしれませんが、基本的に風俗業界にも、忙しい時期である「繁忙期」と暇な時期の「閑散期」があります。より効率よく稼ぐにはこういった期間を知ることも大切です!

風俗業界では年末年始が一番の繁忙期

サービス業と同じで、風俗業界でもボーナス時期や大型連休の時はお客様がたくさん来られるので稼ぎ時です。
特に年末年始は一年のうちで最も忙しくなる時期です。

またこの時期はお店の採用基準に容姿が達していなくても採用される場合があるので、風俗店の求人募集を見かけたら積極的に面接を受けるようにしましょう。

飲み会の多い年末年始
風俗嬢が一年を通して最も稼げるのがこの時期です。12月・1月は忘年会や新年会のシーズンなので、そのままの流れで風俗に来られる男性が増えます。

また、会社員の男性であれば12月は冬のボーナスが出るので、羽振りの良いお客様がたくさん来られます。

ボーナス支給直後の6月~7月
会社員の男性なら6月後半から7月前半にかけて夏のボーナスが出るので、この時期もお金に余裕のあるお客様が多いです。
また、夏休みになると旅行者も多くなるので観光地近くの風俗街に短期間の出稼ぎにいくのも一つの手です。

学生さんが童貞を捨てたり、風俗デビューをするのもこの時期が多いそうです。

大型連休の代名詞!GW(ゴールデンウィーク)
GWの連休中に都会や地方などへ遊びに行ったついでに風俗店へ行くお客さんが増えます。この時期も観光スポットに短期間出稼ぎに行くのもいいでしょう。

大型連休後が風俗業界で一番の閑散期

お仕事などで忙しくなる時期やボーナスを使い果たしてしまってお金に余裕がなくなると風俗店に来られるお客様が減ってしまいます。お店自体が暇になってしまうので必然的にフリーでお客様をつけてくれる機会も少なくなってしまいます。

年末年始後の2月~3月
2月は日数が少ないうえに、冬のボーナスを使い果たしてしまった男性が多く、3月は年度末が近いので会社勤めの男性はお仕事が忙しくなってしまう時期です。その為風俗に来られるお客さんが減ってしまい、常連客をもっていない女の子は稼ぐのは厳しいかもしれないです。

夏休み後、年末年始前の10月~11月
夏に旅行や帰省でお金を使ってしまった男性はこの時期風俗遊びを控えることが多いです。
さらに11月になるとクリスマスや年末年始に備えてお金が必要になったり、年末でお仕事が忙しくなるので、風俗に行く男性は減っていきます。

2月~3月、10月~11月が閑散期であっても、稼げないのかというとそういうわけではありません。
お店によって女の子の出勤人数を調整して、ひとりひとりの収入が減らないようにお店側も努力してくれています。あとは普段から常連客を作る努力をすることで閑散期も乗り切れます!

地元で働かない出稼ぎのメリット

①保証が出る
風俗の出稼ぎで一番メリットがある部分です。

風俗の求人で
「日給保証10万円!月に100万以上稼ぐことも可能です!」 「交通費支給!出張面接も致します!」
といった文章を見たことはないでしょうか?

こういった広告は嘘であることが多く、実際面接に行ってみたら条件があったり、出たとしても容姿によって金額が違ったりすることもあります。
そういった中、出稼ぎの場合は確実に保証が出ます。

②まとまった金額を稼げる
在籍店で週に3日出勤で月に40万円ほど稼ぐ女性もいると思います。
それが出稼ぎの場合だと、間に休みを入れても10日連続で働いて一日の保証が5万円だとすると、50万円稼げます。

1か月だらだら働くより、まとめて働いた方がいいという女性や、まとまったお金が必要という女性にはうってつけの働き方なんです。

③働く地域によっては家族や知人にバレにくい
風俗の仕事をしていると確率は低くても家族や知人にバレる可能性があります。ただ、出稼ぎの場合は地域を選べることができるので自分に関係のない土地を選べば身バレする可能性は低くなります。

出稼ぎとして働くデメリット

①知らない土地に行くことで不安になる
風俗に限らず、誰だって知らない土地に行くことはとても不安なことですよね。
一人で行動することが苦手な女性は出稼ぎを諦めるか、友達と行っても受け入れてくれるお店も多いので一緒に行くことをお勧めします。

②休みにくく連続で働くことになる
いくら保証が確実に出るからと言っても自由ではありません。
交通費が全額出たり、ある程度の保証額が欲しいとなれば、日数や働く時間が決められています。なので連続で働くことに慣れてない方にとっては、体力的にも精神的にもつらくなるかもしれません。

ただ、ある程度融通は利くので、長期間働く場合にはお休みをもらいながら負担なく働くこともできます。

出稼ぎで保証をもらうためのよくある条件

①面接時に決めた期間の出勤を守ること
決めた期間に合わせてお店の人は予約を入れていきます。
女の子の保証給以上を稼げるようにスケジュールを組んでいるので突然お休みになって穴をあけてしまうとお店が赤字になる可能性があります。

②決められた待機時間お店にいること(基本8時間待機)
決められた待機時間に合わせてお店側は予約を取るようにします。規定時間以内にお仕事を中断したら予約客をキャンセルすることになり、保証もなくなります。
体調不良などやむを得ない場合は、事前にお店の担当者に相談しましょう。

③顔出しOK
ほとんどのお店の場合、HPでの顔出しが必要になります。
在籍している女の子は地元の子が多く、顔出しができないため、顔を出せるというだけでもお店にとって大きな宣伝効果に繋がるんです。

④ある程度の写メ日記の更新
ヘブンネット等にある写メ日記を更新することにより、自分自身を宣伝できるので集客に繋げることができます。

あと、その他面接でお店と決めたことなどが一般的な保証給の条件となります。
これを見るとちょっと・・・となる女性もいるかもしれませんが、守ればしっかり保証給がもらえるので頑張りましょう!

風俗店に出稼ぎとして働くことについてまとめ

女の子の稼ぎが保証額に満たないとお店は赤字になります。そんなハイリスクを背負う背景には地方店特有の事情があります。
在籍店の女の子だと地元の子で副業が多く待機時間も短めだったり、出勤日数も少ないのでお客さんがいてもお店が回らない状態になります。

そこで顔出しができて長い時間勤務する女の子がいれば、通常時よりもお客さんの問い合わせも見込め、大きな集客を得ることができます。

ただ、いくら顔出しや長い時間待機ができてもサービスが悪かったり、やる気がなければクレームに繋がり、保証も打ち切られ全然稼げなくなってしまいます。なので出稼ぎに行っても一生懸命仕事をしましょう。

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ