風俗のお仕事コラム

風俗が水商売よりも短期間で多く稼げる3つの理由

風俗が水商売よりも短期間で多く稼げる3つの理由

女性が短期間で大きなお金を稼ぐことができる仕事としてすぐに想像されるのが、風俗やキャバクラのような水商売と呼ばれる夜の仕事、いわゆるナイトワークですね。

どちらもたくさんのお金を稼ぐことができる仕事であることは間違いありませんが、仕事内容は全く違います。
稼げる仕事を探している女性にとって、てっとりばやく稼げるのはどちらか気になるところですよね。理由は様々ですが、風俗の方が水商売よりも圧倒的に大きなお金を短期間で稼ぐことができます。

時給に換算すると風俗の方が断然高い

てっとりばやく稼ぐためには、純粋にお給料が多い方が良いことには間違いありません。時給で考えると、風俗の方が水商売よりも圧倒的に多く稼ぎやすくなっています。

キャバクラやクラブのような水商売は、店舗によっても時給差はでてくるのですが、だいたい2,000円~5,000円ほどの時給が設定されています。
高い時給を出してくれるところは高級店になるのですが、ご想像の通りものすごく綺麗な女性が働いていることが多く、中々働くことができません。
逆に働きやすい地方のラウンジやスナックになると、時給が2,000円を切ってしまうこともあります。

それが風俗になると、時給に換算すると6,000円を超えることもザラです。風俗の方は水商売より時給換算するとお給料が良いので、短期間でてっとりばやく稼ぐことができます。

シフトに融通を利かせることができる

キャバクラやラウンジのような水商売では、シフトに融通を利かせることが難しくなります。基本的には夕方から夜中の24時や25時くらいまでの時間帯の勤務になりますので、この時間以外ではなかなか働くことができません。(最近では昼キャバという形態で、お昼に営業しているお店もありますね)
また、営業時間も短めになっているので、稼ぎたいときでも長時間働くのは難しくなっています。

その点、風俗店は朝や昼も営業している上に、水商売と同じように夕方から深夜にかけて働くことも可能です。土日の朝から夕方にだけ働きたい、今月は稼ぎたいのでガッツリとしたシフトを組みたいなどができるので、非常に稼ぎやすいシフトを組むことが可能です。

精神的なプレッシャーが少ない

普通の考え方だと、一般的な仕事をする場合、面接に受かっていざ働くとなると、ある程度の期間続けてお金を稼ぐことになりますよね。
ただ、長く働くという事を考えた場合、なかなか続かないのが水商売なんです。
続けることができなくなってしまう原因の一つが、プレッシャーを感じてしまうことです。精神面が不安定になってしまうと、仕事に対するモチベーションが低くなってしまい、途中で辞めてしまうことになります。
水商売の場合、お客さんとコミュニケーションを取ることやお酒を飲むこと、ノルマやお店の人からのプレッシャーがかかってしまい向き不向きが顕著に現れます。

風俗の場合、仕事内容に慣れてしまえばプレッシャーがかかることも少ないので、精神的に不安定になることがありません。風俗の方が、水商売に比べて精神がすり減ってしまうことがありませんので、働き続ければ続けるほど、たくさんのお金を簡単に稼ぐことができるんです!

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ