風俗のお仕事コラム

身分証は必須。風俗バイトの面接で必要な身分証明書のタイプ4つ

身分証は必須。風俗バイトの面接で必要な身分証明書のタイプ4つ

求人情報には詳しく書いていないかもしれませんが、風俗バイトの面接を受ける時には、身分証明書が必要になるので、事前に用意しておく必要があります。風俗に身分証明書が必要な理由は、当たり前のことですが18歳未満は、風俗店で働くことができないからです。
したがって、風俗バイトの面接を受ける際には、18歳以上(高校生不可)の女性で必ず身分証明書を持っていくようにしましょう。

風俗のバイトを行うときには、本籍が入っている身分証明書が必要になります。この理由は、風営法でしっかりと国籍を確認することが法律で定められているからです。風俗バイトに必要な身分証明書は、必ず本籍が入っているものを用意する必要があので注意して下さい。

1.運転免許証

最もスタンダードな身分証明書は、運転免許証ですね。
運転免許証は、自動車や原動機付自転車の免許を取得するときにもらうことができます。運転免許証の取得は、16歳になれば行うことができます。16歳になれば原動機付自転車の資格を取得することができるようになるので、早い段階で取得することができますよね。

身分証明書として非常に便利な上に、車やバイクも運転することができるようになるので、非常に利便性が高いです。原動機付自転車の資格なら、最短で一日あれば取得することができます。

2.住民基本台帳カード

略称の住基カードで呼ばれることが多いですが、住民基本台帳カードでも身分証明書として使用することができます。
住民基本台帳カードには、写真が貼っているものと貼っていないものがありますが、身分証明書として使用することができるのは、写真が貼っているものであることに注意しましょう。

費用は500円で済み、比較的手軽に入手することができる身分証明書です。入手するためには、市役所の窓口に行って申請しなければなりません。

3.パスポート

パスポートは、海外に旅行に行くために必要な身分証明書ですね。パスポートに関しても、身分証明書として利用できる場所も多いなので、風俗バイトの面接の際にも提示することができます。
パスポートは、中学生や高校生の修学旅行など、海外旅行に行く時に作っていることが多いです。18歳になりすぐに風俗バイトを始めたいときには、作ってあるパスポートを使用するのも良いでしょう。

身分証明書のために作るとなると、11,000円~16,000円の費用が必要となるので、わざわざ面接のために作る感じではなく、パスポートをすでに持っていて身分証明書としてもついでに使えるくらいの感覚ですね。

4.住民票

住民票は、市役所の窓口で申請して発行してもらうことができる身分証明書です。
住民票以外の上記の身分証明書として有効なものは長期間持つことができるものが多いのですが、住民票は1通あたりで発行するので、長期間使用することができる身分証明書ではありません。

運転免許証やパスポートを持っていないときは、この住民票を用意して面接を受けましょう。

 

GOODJOB風俗求人センターは、面接をお受けいただける女の子には風営法に基づいた身分証の提示をお願いしています。
GOODJOBでは長年培ってきた実績とお客様を、何より大切にしております。
その築いてきた信頼を裏切らないために、女の子には風営法に基づいた身分証の提示をお願いしています。
女の子に頑張ってお仕事してもらう以上、この提出は必須です。
気になることもたくさんあると思います。まずはお気軽にご相談ください!詳しくは下記をクリック!
風俗の面接で必要な身分証明書について

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ