風俗のお仕事コラム

月収100万円は当たり前?!みんな気になる風俗嬢のお給料。実際いくら稼げるの?

何と月収○○○万円!みんな気になる風俗嬢のお給料。実際いくら稼げるの?

女性が働くことができる職場の中でも、稼げることで有名なのが風俗のお仕事です。風俗の仕事は副業でも行うことができますし、もちろん本業としても働くことが可能です。
風俗のお仕事はなんとなくのイメージで稼げるということを知っている人も多いかもしれませんが、具体的にいくらくらい稼げるのかは分からないかもしれません。今回は、風俗嬢の具体的な収入についてご説明します。

重要なのはバック

風俗業界には、“バック”と呼ばれる業界用語と言ってもいい言葉があります。このバックの設定によって、具体的に給与を計算することができるようになります。

現在の風俗店の形態は、大きく分けるとソープ、デリヘル、ホテヘルに分けられます。これらの風俗店に勤務すると、お客様が利用して接客することになります。お客様はフリー(指名なしでお店に任せる)で遊ぶ場合もありますが、ホームページなどで「〇〇ちゃんがいい」と指名をしてもらい接客することもあります。

仮に60分15,000円でお客様が利用したとすると、バックが50%の場合女性の取り分は7,500円ということになります。したがって、少しでも稼ぐことができるようにするためには、バックの数字を上げることが重要になります。面接を受けるときは、バックについて詳しく聞くようにすると良いでしょう。

風俗店の中には、指名の数が増えることによってバックの数字を上げてもらえるお店もあります。また、この他にもお客様に使ってもらったオプションや本指名の数で収入を増やすこともできます。

月収を増やすためにはシフトの組み方が重要

風俗の仕事で月収を増やすためには、当然ですがシフトの調節が重要になります。
週に1日しか入ることができない、1日に3時間しか入ることができないとなると、収入を増やすことは難しくなります。

ガッツリ稼ぐためには、出勤日数と出勤時間を多く取った方が良いでしょう。
そうすると、お客様も入りやすく本指名の数も増えることになります。勤務時間に関しても、バラバラにすると本指名のお客様がつきにくくなります。夜に出勤していれば指名しやすいお客様、昼に出勤していると指名しやすいお客様とでは、お客様の層が違うことが多いので、できるだけ時間帯は統一した方が良いでしょう。
ただし、土日や祝日など世間一般的な休日にはこの法則はあてはまりません。休日も稼ぎやすい日になるので出勤する方が稼げる日になりますね。

結局いくらぐらい稼いでいるのか。具体的な収入は?

実際に給料を計算してみましょう。
60分15,000円でバックが60%だったとします。週に8時間の勤務を5日働いたとして計算します。
移動時間や準備もありますので、1日5人のお客様を接客したとすると、1日45,000円稼ぐことができます。
月におよそ20日働くとして、月収は何と90万円にもなります。
さらに長時間予約(ロング)のお客様の利用、オプションや本指名により+αの収入もあるので、月収100万円を超えることも可能です!

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ