風俗のお仕事コラム

風俗店で本番行為が禁止な理由とは?

風俗店で本番行為が禁止な理由とは?

一般的に風俗店では本番行為、すなわちセックスをするということは禁止になっています。
女性の方で、「風俗店は本番行為ありが普通」と思っている方も多いでしょう。しかし基本的に本番行為は行わないことが原則です。

なぜ風俗店では本番行為がダメなのでしょうか?今回はその理由を説明していきます。

風俗店で本番行為禁止の理由

風俗店では法律により本番行為が禁止されています。
売春防止法がありますので、もし風俗店で本番をすると法律違反になってしまうので、罰を受けることになります。
風俗店で本番行為が禁止されている理由としては、「法律に違反するため」ということです。

もちろん未成年はダメになりますし、成人している女性でももちろん本番行為はしてはいけません。
働く際にお店から厳重に注意されます。
もし、警察にばれたりしたらお店にかなりの迷惑を掛けてしまうので絶対にやめておきましょう。

飛田新地やソープランドは本番アリだけどなんで・・・?

風俗店で働こうと思うと、お店の業種を決めると思います。
SM型の風俗や、コスプレをするサービスのあるお店、イメージプレイをする風俗などさまざまです。

そして本番行為ありのソープランドなども候補に上がることがあるでしょう。飛田新地でも本番行為がありです。
なぜこれらのお店では本番行為をしていいのでしょうか?それは飛田新地やソープランドは風俗店ではないからです。

本番行為OKの理由としては、飛田新地は料亭、ソープランドはお風呂屋さんという名目で営業しており、あくまで本番行為というのは、お客様とその場で働く女性の自由恋愛という形になります。

なので本番行為がありとなります。しかし本番行為は、女性にも負担が大きいのでお給料が高いところがほとんどです。
本番行為がOKで、短期間で多くのお金を稼ぎたい場合は、ソープランド等で働くことも視野にいれてもましょう。

合法的に本番行為がOKなので、警察などにお世話になる心配はありません。
しかし性病などのリスクも上がりますし、体力的にも疲れることが多くなりますので、そこはよく考えてくださいね。

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ