風俗のお仕事コラム

風俗でバイトする場合、出勤日数が多いと何か得するの?

風俗で働いていく上で、出勤日数はどのように調整していくかというのは、とても重要なことになります。
プライベートの予定や仕事の予定、などに合わせて出勤日というのを調節していかなければなりません。

もし風俗で働いた場合、どれくらいの感覚で出勤していけばいいのでしょうか?また多いほうがいいのか、少ないほうがいいのかなどを詳しく紹介していきたいと思います。

出勤日が多いメリット

出勤日が多いメリットというのは、お金を稼ぎやすいメリットがあります。
出勤日が多いとお客様からの指名やフリーのお客様などとプレイできる時間が増えます。他にもプレイに慣れたり、お店の人気も上がりやすくなります。

出勤日が多いデメリット

デメリットとしては、体に負担が掛かるということになります。
出勤というのは、仕事をするということなので、疲れが溜まりやすくなってきます。これが出勤が多いデメリットになります。

出勤日が少ないメリット

出勤日が少ないメリットとしては、体への負担が少ないということになります。
仕事では少なからず、体に疲れが溜まります。
出勤日が少ないということは、休息の時間も増えますので、負担少なく風俗の業務を行っていけるということが挙げられます。

出勤日が少ないデメリット

デメリットとしては、稼ぎが少なくなります。しかし負担が少なく、長く続けていけることもあります。
しかしお客様が行きたいときに出勤していない、リピートでまた行きたいと思っても出勤していない、となる可能性もありますので稼ぎが少なくなります。

「風俗で働くなら出勤日数が多い方がいいの?少ない方がいいの?」まとめ

出勤日は、自分に負担が掛からない頻度で出勤していくことが大事になります。
出勤日が自分の負担より大きくなってしまうと、一時的にはお給料は増えていくかもしれませんが、1人1人のお客様のプレイ内容の質が落ちてしまったり、疲れが溜まって最終的には稼ぎが少なくなってしまうこともあります。

逆に少なすぎるると、お客様から忘れられやすくなったり、プレイにもいつまでも慣れずに、プレイが向上していかないということもあります。
お店と相談して、できるだけ自分の働きやすいペースで出勤していきましょう!

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ