風俗のお仕事コラム

風俗で働く上での性病対策

風俗で働く女性にとって1番気になることと言えば、「性病」ではないでしょうか。

不特定多数の男性とプレイすることが多くなるので、性病に掛かる危険性が一般のお仕事をしている女性よりは確率が上がります。
しかしきっちり管理しておけば、性病にかかるリスクというのは格段に下がります。
ですので性病に関する知識はしっかりと身につけておきましょう。

性病対策はしっかりしよう

風俗では本番行為が禁止になっています。なので男性器と女性器が交わることはありません。
エイズなどの危険な性病にかかる心配はまずないでしょう。

お店側も本番行為は禁止というスタンスはきっちり守っていますので、甘い言葉をかけられても、決して本番行為を行ってはいけません。
売春防止法がありますので、もし本番行為が明るみに出てしまえば、売春行為として罰せられます。

しかし、エイズ(HIV)以外にも性病はあり、オーラスセックスや激しい愛撫などにより、性病に掛かってしまうこともあります。

ここでまず注目することは、お客様を綺麗にするということです。必ずシャワーを浴びて、その際に男性器はもちろん、男性の手、指などもきっちり洗うようにしましょう。
素股などのサービスの際にもコンドームは着用するようにして直接性器同士が触れない状況を作ることが大切です。

嫌な行為はきっちり断ろう

お客様の中には、強引なことをするお客様もいるかもしれません。その際に、本番を強要されたりした場合などは、きっちり断りましょう。
そうしないと、性病のリスク、法律違反のリスク、解雇のリスクが出てきます。

また性器の愛撫でもしつこい場合があります。その場合のオススメの対処法があります。
それはイッたフリをすることです。男性は愛撫をしている時は、特に気持ち良くなくて、女性が気持ち良くなることで、自分のプライドを保ったりします。
なのでイク振りをすることによって男性客のほとんどが満足してくれ、無理な愛撫をやめてくれます。

なかなか直接「やめてください」とは言えないと思いますので、このようなテクニックも駆使していきましょう。

そしてコンドームの着用と男性客の汚れを落とすことはしっかり行いましょう。
性病の菌の侵入を防げますし、手や指などの汚れからの炎症なども抑えることができます。

 

以上のように、性病に掛からないためにもキチッとした対策やリスク管理はしっかりとしておきましょう。

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ