風俗のお仕事コラム

パネル写真は撮った方がいい?撮らない方がいい?

風俗で働くと、自分の源氏名やプロフィール、そしてパネル写真がお店のホームページに掲載されます。
それを見てお客様が女の子を指名したり、遊びに行こうと思ったりします。

しかし風俗で働くということはできるだけ誰にも内緒にしておきたいものですよね?
名前やプロフィールは誤魔化せても、写真はどうなの?と思う人もいるでしょう。今回は、「パネル写真を撮った方が良いのか、撮らない方が良いのか」について紹介していきたいと思います。

パネル写真は撮った方がいい!

パネル写真は絶対に撮った方がいいです。まずお店に入るとパネル写真の撮影を勧められると思います。
これは風俗店側も、女の子が指名されやすいようにするためなのです。

飲食店に行ってメニューを開き、文字だけで紹介されている商品と画像がある商品だと、どちらが頼まれ易いかというと、確実に写真がある方ですよね?
人がお金を払って何かを買う時などには、情報があればあるほどいいのです。なので風俗店では、その女の子の情報を出せるだけ出します。

今では画像以外にも、動画で女の子を紹介しているお店も多いくらいです。
プロフィールなどの記載も詳しく、年齢、血液型、スリーサイズは当たり前で、趣味や好きな食べ物、好きなスポーツなどかなり詳しく情報を提示しているところがほとんどです。

そしてお客様が気になる項目と言えば、ルックスとスタイルになります、なのでそれが分かるパネル写真はとても重要になるんです。

パネル写真で顔がバレる!?

しかし自分の写真をホームページに載せると、知り合いにバレたりするのではないか?と感じる女性も多いでしょう。
しかし写真からバレるということはほとんどないんです。

昔からパネルマジックという写真のすり替え、補正・修正みたいなものが風俗業界では多いのですが、これは女の子を可愛く見せる以外にも、女の子の身元をバレないようにするということにもつながっているのです。
また証明写真のように、顔がはっきり写ることはなく、任意で口元、目線を隠したり、顔全体が写らない、モザイク処理をしたりもできます。

しかしそれだけでも男性からの好感度は上がります。髪型がタイプ、口が可愛いから絶対顔も可愛いはずだ!などを想像してくれ、指名につながります。
バレることはほとんどないし、指名にも大きくつながりますので、パネル写真は撮影した方がいいでしょう!

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ