風俗のお仕事コラム

デリバリーヘルスと店舗型風俗の違いとメリット・デメリット

風俗で働くには、風俗店の種類やお給料の形態、お店の場所、自分に合うかどうか・・・などさまざまなものを決めていかなくてはなりません。風俗店は意外と店舗数も多く、業種も性感エステやオナクラ、ソープランドなど様々あります。
そんな中でも、デリバリー型か店舗型かという点で働き方が大きく分けられます。この2つはそれぞれ特徴があるので、それぞれのメリット、デメリットも含めて紹介していきたいと思います。

デリバリーヘルス(派遣型)のメリット

最近は風営法の改正などもあり、風俗業界はデリバリー型ヘルスでの出店が主流になってきます。
デリバリー型の風俗店のメリットとしては、出勤時間や勤務時間が自由な所と、お店からのバックと呼ばれるお給料が他の店舗型風俗と比べても比較的高いというところです。

デリバリー型の風俗店というのは、お客様からの電話予約などで注文を頂き、派遣先に移動してプレイするスタイルになります。
派遣先というのは、お客様の自宅であったり、指定されたホテルであったりとさまざまです。女性はお店の事務所や、お店が用意している待機室や自宅などで待機します。
なのでお店に出勤しなくてもいいことがほとんどで、お店の他の子に会いたくなかったり、風俗街に行くのが嫌という方にお勧めですね。比較的、出勤時間なども自由になります。

そしてお店側としても、店舗を持たず事務所だけあれば成り立つので家賃も安く済みます。その分女の子に支払うお給料が増えるということですね。

デリバリーヘルスのデメリット

デメリットの一つは、移動時間が多いので、その分お客様につけない時間が多く効率が悪くなり稼ぎづらくなるかもしれないという点ですね。

もう一つは、プレイ場所がお客様の自宅だったりするので、スタッフなどは周りにいないのでお客様と一対一になるということです。
店舗型では、周りにスタッフや女の子がたくさんいますが、デリバリー型ではそんなことはありませんので、慣れるまで少し不安になることもあります。ただ、これまでに大きな事件になるようなことも起こっていないので、慣れれば特にデメリットという風にも感じなくなります。

ファッションヘルスなど店舗型のメリット

店舗型のメリットとしては、移動時間がないことになります。デリバリー型は、移動がつきもので、派遣先によっては長時間移動しないといけません。
しかし店舗型では、接客する場所が待機場所でもあるお店です。流行っているお店だと、お客様がひっきりなしに来店してくれて回転率も良く効率よく稼ぐことができます。仕事が終わる時間も決まっているので、だいたい決まった時間帯に帰宅できます。これがメリットになります。

ファッションヘルスなど店舗型のデメリット

デメリットに関しては、お店からのバックがデリバリー型に比べては少し少ないのと、お店の場所が大抵歓楽街にありますので、風俗店に入るところを知り合いに見られる可能性があるのがデメリットになります。

 

以上、派遣型と店舗型風俗店のメリットとデメリットを紹介しました。
どちらも一長一短ですが、正直なところ慣れてしまえばどっちもどっちな感じはあります。ただ、風俗で働いた経験のない方はどちらから始めてみるかは悩むところですよね。
デリバリーであろうが店舗型であろうが、求人情報をしっかり見て面接を受けてみてからじ貴女にあったお店で働きましょう!

風俗求人コラムカテゴリ一覧

コラム一覧へ戻る

  • お仕事適性診断
  • お給料シミュレーター

ページトップへ